原稿テンプレート
テンプレート(Word版)
テンプレート(PDF版)
Template(Word)
Template(PDF)
上記のファイルをダウンロードしてお使いください。

投稿規約

投稿文の構成

  • 表題
    表題は、内容を的確に表すばかりでなく、魅力のあるキャッチフレーズになるものを工夫してください。読者の多くは表面現象全般に関心をもつと思われますが、専門外で、広く一般的な関心でお読みになる読者も想定して、易しくかみ砕いた表現になるようご配慮ください。
  • 項数
    頁数は6~12頁までとします(図・表・引用文献含む)。それを超える場合はご相談下さい。
  • 小見出し
    適宜、小見出しをつけてください。(できるだけ平易な表現でお願いします)
  • 図表
    図表(原則カラー)および表は本文が日本語、英語に係わらず、英語にて作成下さい。
  • フォント
    論文で使用するフォントに関しましては、下記の表または原稿テンプレートをご確認ください。
    表紙日本語論文英語論文
    論文タイトル
    Arial Bold: 18pt
    (英語にて作成ください)
    Arial Bold: 18pt
    著者名
    (3名まで)
    Arial Bold: 11pt
    (英語にて作成ください)
    Arial Bold: 11pt
    所属
    Arial Italic: 10pt
    (英語にて作成ください)
    Arial Italic: 10pt
    住所
    Arial Italic: 10pt
    (英語にて作成ください)
    Arial Italic: 10pt
    メールアドレス
    Arial Italic: 10pt
    (英語にて作成ください)
    Arial Italic: 10pt
    要約
    Arial Bold: 10pt
    (英語にて作成ください)
    Arial Bold: 10pt
    キーワード
    (5つまで)
    Arial Italic: 10pt
    (英語にて作成ください)
    Arial Italic: 10pt
    略歴
    (3名まで)
    Arial: 10pt
    (英語にて作成ください)
    Arial: 10pt
    論文日本語論文英語論文
    論文タイトル
    MSPゴシック Bold: 16pt
    Arial Bold: 16pt
    著者名
    MSPゴシック: 11pt
    Arial: 11pt
    著者の所属
    MS Pゴシック Italic: 11pt
    Arial Italic: 11pt
    小見出し
    MS Pゴシック Bold: 11pt
    Arial Bold: 12pt
    本文
    MS P明朝: 11pt
    Arial: 10pt
    図の説明文
    Arial: 10pt
    (英語にて作成ください)
    Arial: 10pt
    参考文献
    (5つまで)
    MS P明朝: 11pt
    例)著者,雑誌名[Italic],発行年[Bold],巻[Italic],最初の頁-最後の頁
    Times New Roman : 11pt
    e.g.Author,Journal[Italic],Year[Bold],Volume[Italic],First page-Last page
  • 文献引用
    文献引用は日本化学会に準ずる。
  • その他
    1枚目は英文にて作成し、Keyとなる一つのカラーグラフィックを入れて、タイトル、著者名、所属、住所、メールアドレス、キーワード、要約を含め、A4頁の2/3に収まるようにして下さい。また、下の1/3には英文によるCorresponding author(s)の略歴と顔写真を掲載して下さい。(詳しくはテンプレートをご確認下さい)

提出書類・送信先

  • 提出書類
    原稿はWEB頁よりテンプレートをダウンロードし、投稿原稿(Wordデータ、PDFデータ)2点をこちら までお送りください。投稿規定ページ左上にありますテンプレートをご確認ください。
    投稿データWord形式PDF形式
    投稿論文
  • 論文掲載
    論文掲載の際は、Corresponding author(s)宛にメールでお知らせし、掲載原稿(PDF)をお送り致します。

注意事項

  • 転用
    他誌からの転用(コピー&ペースト)は禁止とします。これが発覚した場合の責任は、執筆者本人が負うものとします。